新感線Produce いのうえ歌舞伎☆號「IZO」 at 青山劇場

作:青木豪  演出:いのうえひでのり
出演:森田剛、戸田恵梨香、田辺誠一、粟根まこと、池田鉄洋、山内圭哉、西岡德馬 他
 
昨年は行く気nothingで、チケット取ってなかったけれど、なんか我慢できなくて、ついに観に行ってしまいました。
今年は“本当に”観たい芝居だけ見ようと、心に決めていたのに・・・
ま、本当に観たくなっちゃったんだけど。

新感線の舞台、開演を告げる「トゥルルルルルル・・」の直前にかかってる曲聴いてると、ワクワク感が相当上げ上げ状態になる。

意外なほど正統派で、殆ど遊びのない舞台でした。
最初、森田剛くんが小っこくて、姿勢悪くて、どうなんじゃろ?って感じ。
しかしその姿が終盤になると、哀れな犬に見えてきて・・・
独り河原に行き、歌が流れる辺りからは、もう泣けて泣けて。

染五郎さん主演のドラマ「竜馬がゆく」では、捕まって拷問受けてる牢屋で、にぎり飯に毒が入ってるって分かりながら頬張るんだよね。
私ゃ、以蔵が死ぬ回、あまりにも可愛そうで号泣・・・録画を2度と見ることができなかったほど。

舞台では、ミツとの絡みからか?三々九度のお酒に毒の設定にしたのは。
これがラストに活きてくるんだけど。

学がなく、物事を考えることのできなかった以蔵が、容堂や半平太相手に「天は動きますきに」と言い残し、
あれだけ多くの血飛沫を上げた残像がある中、「自分の血は、この花びらで覆い隠してくれ」と、天に向かっての遺言。
人間て、最期になって悟るものなのかなぁ。
いつだって遅いんだよね。。

回り舞台と、背景に映像を多く使っていて、舞台美術自体は新感線としてはシンプルだったと思う。
中島さん脚本じゃないから、私の好きな中島節はもちろんなく、全体的に削ぎ落とされた、無駄のなさが、以蔵のストーリーとマッチしてた。
ゲキ×シネやDVDを除いて、あくまで新感線関連の生舞台を観た中では、一番涙が止まらなかった作品。
(だからと言って、一番良かったというわけではありません)

今回はお目当ての役者さんがいなかったんだけど、強いて挙げると、「噂の男」から気になる存在になっていた山内圭哉さん。
しかしこの人、染さまとは正反対で、鬘かぶると色気が無くなってしまうんだわ。(残念)
戸田恵梨香ちゃんは、結構素直にそのままな感じが良かった。

新感線で以蔵と言ったら、当然チャンバラに期待。
森田剛くんの殺陣は・・・普通でした。。
ああいうの見ると、染さまや古チンの殺陣が、いかに凄いか、改めて思い知らされる。

もらったパンフの中に「五右衛門ロック」ありました。
公式サイトのイラストのままのだけど。
江口くんの歌or踊りor殺陣はあるんだろうか!?
今から夏が待ち遠し~
[PR]
by sachi-233 | 2008-02-02 01:34 | 舞台
<< 「未来講師めぐる」第5話 話題のハンドボール >>